MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

末社二社の鈴の緒の御奉納お申し込み受付が始まります

5月5日に斎行いたします、末社の豊栄稲荷大神社(とよさかいなりおおかみしゃ)の例祭に合わせまして、

豊栄稲荷大神社と大地主黒竜大神社(おおとこぬしこくりゅうおおかみしゃ)の鈴の緒の御奉納のお申し込み受付を明日3月15日より開始いたします。

締め切りは4月15日といたします。

 

お一人様につき3000円もしくは500円の御奉納で鈴の緒にご芳名をお書きし、ご神前にて家内安全・身体健康をお祈りさせていただきます。

お書きするご芳名は、3000円の場合は鈴の緒1枚につき1名様のみ、500円の場合は鈴の緒一枚につき10~15名での大きさの差となります。

詳しくは社務所までお尋ねくださいませ^^

 

 

毎年、たくさんのお方に御奉納賜り心から感謝申し上げます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。