MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

御神燈の御奉納の募集について

御神燈の御奉納の募集について

DSCF9711

 

平素は格別のご高配を賜り衷心より厚く御礼を申し上げます。

さて、以前皆様から御奉納を賜りました御神燈につきまして、この度新たにご調製申し上げる時期と相成りました。

新年度4月1日に合わせてご調製申し上げたく存じますので誠に恐れ入りますが、

お申し込みいただけます場合は2月22日迄に当宮社務所まで

ご住所ご芳名をお書き添えの上、御初穂料をお納めくださいますようお願い申し上げます。

 

尚、この度ご奉納いただきます御神燈からは、

☆御祭礼日に限らず常時お吊るしし、点灯時間は夕方から夜(季節によって変動します)迄。

☆お吊るしする場所は、先着順といたします。

 

御神燈御奉納 初穂料  一燈 1万5千円

※当初2万円にて受付しておりましたが、業者様との交渉で値下げしていただけるようになりました。
2万円をお納めいただいたお方には、差額の5千円を順次御返金させていただいております。
基本的に宮司がご自宅へご訪問し御返金させていただいております。
お詣りの折に社務所にお声がけいただいた場合、お申し込みくださったご本人様に限り、御対応させていただいております。

 

何卒、宜しくお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。