MENU
新型コロナウイルス感染症における対策方針・運営状況はこちらをご覧ください >

▲クリック(タップ)して内容をごらんください

目次

令和四年三が日の安全対策へのご協力をありがとうございました。

 今年も、全国で分散参拝が呼びかけられる中、当宮に於いてもご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

 人手を見る限り、多くのお方が分散参拝にご協力いただいたことが見て取れ、感謝の念に堪えません。
その一方で、当宮では境内でのマスク着用をお願いしておりますが、今年の元日は込み合っているにも関わらずご協力いただけないお方が一定数いらっしゃり、時折り咳やくしゃみの音や仲間内で盛り上がる大声なども聞こえて、他の参拝者の皆様のお顔にもご不安の色が伺えました。

 せっかく新年を祝い良い一年にしたい思いで初詣にいらしていることと存じますので、「自分さえ良ければ」と徳を落とすことなく、どうしてもマスク着用の難しいお方をはじめ、体調不良のお方などは、人の少ない日や時刻にご参拝いただくなど、くれぐれも全体の安全や他者を思いやった行動をとっていただけますよう、改めてお願い申し上げます。

全国の初詣は、例年通りに行えば十中八九クラスターの発生することはどなたにも想像に難くないかと存じます。現にうなぎ登りに感染者数が増えてきています。感染者数が増えれば増えるほど、新たな変異株が生まれ、また制限のある生活を余儀なくされます。皆が協力し合えなければ、疫病との戦いはいつになっても終わりません。

 お一人お一人が、初詣のように「人が密集する機会は感染する機会」だと、どうか自覚していただいて、この初詣期間は参拝日時に工夫してお詣りくださいませ。

 命と健康は、人生においてついつい忘れがちな掛け替えのない幸せです。他のどのような幸せも、命と健康あってこそです。どうか、皆様の命や健康が守られますように、心から願っています。

おみくじはおみくじ掛けへ

写真は現在の境内の様子です。例年お願いしておりますが、ひいたおみくじを結んでお帰りになる場合は、必ず『おみくじはおみくじ掛けへ結んで』ください。

おみくじに関する詳細は『【お願い】おみくじはおみくじ掛けへ《おみくじについての総合案内》』とういう記事にまとめて掲載しております。 おみくじとは? おみくじの見方は? などなど、おみくじに関する様々なことを掲載しておりますので、ご覧いただけますようお願い申し上げます。

あわせて読みたい
【お願い】おみくじはおみくじ掛けへ《おみくじについての総合案内》 引いたおみくじを結ぶ際は、おみくじ掛けへお願いします。 草木の枝などにおみくじを結ぶことはご遠慮ください。 おみくじについての当宮からのお願いです。ご案内のた...

コロナ禍でのとんど(お焚き上げ祭)にご協力お願いします

 さて、当宮での次回の行事は、1月15日9時〜正午に斎行いたしますとんどです。当日は大変混み合うことが予想されますので、お正月飾りや古い御神札(おふだ)や御守(おまもり)は、可能な限り前日までに御返納くださいませ。

また、とんどは送り火であることから、御返納いただけないものもございます。必ず、以下リンク先の『とんどのお知らせ』等を予めお読みいただき、御返納くださいますようお願いいたします。

あわせて読みたい
【重要】令和四年のとんど(お焚き上げ祭)のご案内とお願い(※一部立入禁止) 例年、1月15日の午前9時から正午まで、氏子総代会の皆様にご奉仕いただき、境内でとんど(お焚き上げ祭)を執り行っておりますが、昨年に引き続き、令和四年のとんどに...

あわせて読みたい
古神札返納・お焚き上げにつきまして 【どうして御神札や御守りは返納しなければいけないの?】 古札や古神札と記して「こさつ」と称される『旧年の授与品(御神札や御守など)』の扱いや在り方として、もっ...
あわせて読みたい
【重要】令和四年のとんど(お焚き上げ祭)のご案内とお願い(※一部立入禁止) 例年、1月15日の午前9時から正午まで、氏子総代会の皆様にご奉仕いただき、境内でとんど(お焚き上げ祭)を執り行っておりますが、昨年に引き続き、令和四年のとんどに...
あわせて読みたい
特設古神札納所の設置のお知らせ(旧年の御神札や御守り等の納め所) *「大型特設古神札納所」令和四年は昨年に引き続きいつもの場所と異なります。 【】 例年通り12月1日より古神札返納無償期間として「古神札納所」を境内に設けておりま...
あわせて読みたい
【人形(ひとがた)受付は節分迄が期限です】人形厄除祈願祭(令和四年) 【◎ 人形は節分までにお納めください】 人形の受付期限は、例年同じく「2月3日 節分」の17時までです。 令和四年に限っては、お正月期間のすべての応対や催事において非...
あわせて読みたい
令和四年《節分豆まき中止》のお知らせとお願い 令和四年の節分「豆まき催事」は中止となりました。 例年、多くのお方がご参加くださる豆まきでございますが、昨年に引き続き本年も、疫病感染予防の観点から中止するこ...
あわせて読みたい
【お願い】おみくじはおみくじ掛けへ《おみくじについての総合案内》 引いたおみくじを結ぶ際は、おみくじ掛けへお願いします。 草木の枝などにおみくじを結ぶことはご遠慮ください。 おみくじについての当宮からのお願いです。ご案内のた...


新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針及び各行事の中止等の運営状況のご案内は《新型コロナウイルス予防対策方針のご案内(祭事行事報告)》ご覧ください。

ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須(ワクチン摂取・非接種に関わらず)」「釣り銭不可(どうしてもご入用は事前にご申告ください)を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。

目次
閉じる