MENU
新型コロナウイルス感染症における対策方針・運営状況はこちらをご覧ください >

【人形(ひとがた)受付は節分迄が期限です】人形厄除祈願祭(令和四年)

▲クリック(タップ)して内容をごらんください

目次

◎ 人形は節分までにお納めください

人形の受付期限は、例年同じく「2月3日 節分」の17時までです。

令和四年に限っては、お正月期間のすべての応対や催事において非常時下での特別対策だったように、例年とは多少異なりますが、納め方は例年通り、社務所のポストへお入れください。

ウイルス予防対策につき、社頭での対面応対は休止しておりますので、今期の人形の受付は「ポスト」と「郵送」のみになります。

また、令和二年までは奉賛会会員限定特典であった人形厄除祈願祭は、昨年(令和三年)より、今後は、どなたでもご参加並びにお受付いただけるようになりました。

人形(ひとがた)は、御神札や御守りと同様に「授与品」にて必要枚数をお求めください。「1体 / 100円」につき、御祈祷料も含まれております。(人形厄除祈願祭限定)

現在の非常時下においての保全対策として、授与品はお電話での事前予約かオンライン授与所にて、間接的なお求め方法限定にて承っておりますので、ご質問やご依頼もお気軽にお電話くださいませ。

授与品は、神社受取(受取日時要予約)・配送(送料別)をお選びいただけます。

人形(ひとがた)のご説明

人形(ひとがた)とは、人形代(ひとかたしろ)のことで、今は紙製が主流ですが、古くは木製のものを用いたお祓いの道具です。

人の霊の依り代として、自分自身の分身とし、これに自身の罪穢れを遷して水に流したり焚き上げたりして祓い清めます。

また身に憑りついた霊を吸い取って、祓うこともあります。

一体に一名とし、人形に「氏名・生年月日」を記入して、人形で体を撫で、息を吹きかけて「祓い給へ清め給へ」と三度唱へて祈念して、必要事項を記入した申込書と共にお納めください。

毎年の節分(2月3日)当日の17時までに、お申し込みいただき「人形厄除祈願祭」として、皆様の依り代である人形のご祈祷を執り行います。その後、例年3月3日【令和四年は節分翌日の2月4日】に人形焼納祭にてお焚き上げ致します。

祓いの手順(人形申込手順)

  1. まず、人形に姓名と生年月日(もしくは数え歳)を書きます。ボールペンでも鉛筆でも何でも大丈夫ですが、より効果を出すには、精神統一しながら墨をすり、毛筆で書くのが一番です。
  2. 次に、人形身体を上から順に、左→右と撫でていきます。
    頭頂部から > 左側頭部 > 右側頭部 > 左首 > 右首 > 左肩 > 右肩… といった具合です。
  3. 次に、人形息を三度吹きかけます。
  4. 次に「祓い給へ清め給へ(はらいためえ きよめたまえ)」と三度唱えます。
  5. 最後に、人形に祈りを込めます。

 —— この一連の作業で、身体・口・心の罪穢れを人形へ遷します。

  1. 申込書にも必要事項をご記入お願いします。
  2. 上記全工程を済ませた後、神社へお納めください。

 —— とても大切な要となる工程ですので、お心を込めて、集中して行ってください。

神社に納める《人形厄除祈願祭》

当宮では、人形のお申し込みの扱いは年始から節分のみで、一体100円の初穂料をいただいております。

以前(令和二年まで)、お申し込み時に初穂料を納めていただいておりましたが、令和三年分からは、授与品としてご依頼いただき、人形の授与の際に、はじめに枚数分の初穂料(御祈祷料が含まれています)をお納めいただくことになりました。

人形厄除祈願お申し込み期間

受付期間:例年 元日(1月1日0時より)受付開始(*旧年12月も受付ております)

申込期限:例年 節分(2月3日17時まで)受付締切(*期間終了後は翌年の受付となります)

◎人形の授与は、授与所窓口営業時間内であれば、年中いつでもお求めいただけます。

祓いの手順を踏んでいただきましたら、お申し込み用紙に必要事項をお書きいただき、人形に添えて社務所玄関の鍵付きのポストへお入れください。

郵送でもお受付出来ます。お持ち込みでも郵送でも、必ず、2月の節分を必着にてお申し込みの締め切りとします。
期限を過ぎますと、御祈願できない可能性もございます。

『人形厄除祈願祭』として、一ヶ月間ですべてのお方の人形をお一つお一つご祈祷します。

ご祈祷し終わりましたら、流し雛の厄除けとして伝わる3月3日の桃の節句【令和四年は節分翌日の2月4日】「人形お焚き上げ祭」にて焚き上げ、お清めいたします。

人形のお求め方法(ご購入案内)

人形(ひとがた)をお求めの場合は、こちらの「授与品紹介ページ」からご覧いただき、当宮までお電話などにて「品番」と「品名」と「数量」をお伝えいただきお求めくださいませ。

Web(インターネット)よりオンラインにてご購入の場合は、こちらの「八幡宮オンライン授与所(公式Webショップ)」より、お求めくださいませ。

ネットから御守りなど授与品がお求めになれます《 https://juyohin.yahatanomiya.com 》

お受け取り方法は「神社で受け取り」「配送でお届け」をご選択いただけます。また、神社で御清算をご選択の場合は、原則として『来宮日時予約制』『マスク着用必須』『釣り銭不可』を厳守の上、お越しくださいますようお願い致します。

「ひとがた」の誤解や誤認識にご注意お願いします

ごくたまに、こちらの人形(ひとがた)を「にんぎょう」と誤解され、「ぬいぐるみとか、一体100円で納めて良いって本当ですか?」と尋ねられますが・・・・・ 残念ながら、おにんぎょうさんやぬいぐるみのご供養は難しく、基本的にはお寺の管轄になります。

当宮では「まだまだ生きたい」と願っておられるおにんぎょうさんやぬいぐるみの命を無理に断つことは信条に反するため、お断りしております。

どの神社や寺院にお願いするにしても、供養には相応の御祈祷料がかかります。なぜなら、それだけ難しく、大きな責任を伴うからでございます。

中には「家庭ゴミ」としての扱いをなさる神社もあり、認識はそれぞれ異なります。当宮に限らず、古神札と一緒に納めたりせず、必ず納める前、お世話になる神社や寺院にご相談ください。

さいごに

自分自身の罪穢れを遷すにあたり、一年の言動を振り返ることができます。

その反省と、次からはこうしようという前進が、幸せな人生を歩むにあたって最も大切なことでもあります。

こういった【自己を省みる】無事を喜び感謝する】という機会を、豊かな人生にしていくために是非活かしてくださいませ。

また、人形によるお祓いは、呪詛のルーツがあり、取り扱いにとても慎重を要します。

心の込め方一つで、良くも悪くも、大きな効き目がありますので、皆様も、必ず【幸せのための道具】として、お取り扱いには細心の注意を払ってください。

* 皆様の安心安全のため、万が一問題のあるものは断りなく然るべき処理をいたします。

以前(令和二年まで)は、奉賛会へ入会してくださっているお方のみに配布しておりましたが、令和三年からは、これからは広く一般の方々も、必要枚数をお求めいただけるとともに、人形厄除祈願祭にお申し込みいただけるようになりました。

ぜひこの機会に、古くから伝わる祓い清めの術に触れ、体験してみてくだされば嬉しく思います。

皆様の更なるお幸せを、心より願っております。

関連コンテンツ(合わせてお読みください)

あわせて読みたい
授与品のご紹介 授与品について(ご利用案内) > 八幡宮 オンライン授与所 > 【御神札 各種】 御神札とは、それぞれの神様に通じることのできる窓口です。御守りが「個人」の守護となる...
あわせて読みたい
人形祈願のご案内(ひとがた) 【人形(ひとがた)のご説明】 人形(ひとがた)とは、人形代(ひとかたしろ)のことで、今は紙製が主流ですが、古くは木製のものを用いたお祓いの道具です。 人の霊の...
八幡宮 オンライン授与所《公式 ne...
八幡宮 オンライン授与所《公式 net shop》 powered by BASE 大阪府大阪市鶴見区横堤の産土神様・氏神様をお祀りする神社「八幡宮(はちまんぐう)」と申します。地域の方々からは、横堤八幡宮・横堤神社・八幡様など親しみを込めて呼...


新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針及び各行事の中止等の運営状況のご案内は《新型コロナウイルス予防対策方針のご案内(祭事行事報告)》ご覧ください。

ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須(ワクチン摂取・非接種に関わらず)」「釣り銭不可(どうしてもご入用は事前にご申告ください)を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。

目次
閉じる