MENU
新型コロナウイルス感染症における対策方針・運営状況はこちらをご覧ください >

今年一年ありがとうございました

▲クリック(タップ)して内容をごらんください

氏子崇敬者の皆様、今年も大変お世話になり、ありがとうございました。

早いもので、今年もついに残り半日となりました。

丑年寅年は、統計的にも厳しい学びの年と言われますように、大きなものでは疫病の流行、経済への打撃、気候変動だけでなく、この一年社会のあちらこちらで意識の分断による軋轢が問題になってまいりました。

当宮におきましても、様々なお声が届きました。

コロナ禍において、自己責任で普段通りにだんじり祭りや正月の賑わいなどもやるべきだというお声、疫病は関係のない人まで確実に巻き込む自己責任で済まない性質のためまだまだ自粛すべきだというお声、人を集めないでほしいというお声・・・。

相反するように思えても、そのすべてのお声の思いは非常によくわかり、正に正解不正解のないものだからこそ混沌とした世の中になっているのだと感じます。

当宮ほど感染対策に徹底した神社は他に聞きませんが、これも正解不正解はなく、神社に限らず各企業もそれぞれ代表者のお考えや責任において、多種多様のご対応をなさっていることと思います。

疫病の全容も終息時期も全く読めないために、どのような対応もすべての人にご納得いただけるわけではないというのも、きっと多くの責任者を苦しめた一年であったと思います。

新しい年の寅年も、厳しい学びの年は続きます。

特に、国内でも流行の兆しがあるオミクロン株は、弱毒化かとも言われていますが、WHOを始め世界中の医療機関が警鐘を鳴らしているように、長期で見なければわからないことがまだたくさんあります。

情報を統制される時代は、国民に真実を知らせたくないことが起きている時代でもありますので、個人レベルでの情報収集が非常に大切になってまいります。

まずは、ご自身にとって何が最も大切であるのかを再確認し、それを守るための情報収集を続けてください。

そして、感謝と希望を抱くことを忘れず、他者のために何ができるかを考えていく。このような人として自然な生き方が、万物に喜ばれ得られる情報も変わっていき、道が拓けていきます。

目の前に起こることの、真の姿は何なのか?
一見悪いことのように思えても、導かれる先には必ず希望があります。

多くのお方にとってお辛いことの多かったこの一年であったと思いますが、思い返して感謝をたくさん見つけてみましょう。

そして、心静かに年を送り、新たな年を共に迎え入れられましたら、大変心強く嬉しく思います。

最後になりましたが、今年は当宮のコロナ対策に対して氏子様からたくさんのお礼状をいただきました。

もちろん賛否両論あるものですが、その中でも「どうしても氏子さん達の命と人生をお守りしなければ」という宮司としての大きな覚悟を受け取っていただけていたことに、涙が溢れるほど嬉しかったです。

そして、ご納得いただけない上でもご協力賜った皆様にも、心より感謝申し上げます。

氏子崇敬者の皆様、今年一年、誠にありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。



新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針及び各行事の中止等の運営状況のご案内は《新型コロナウイルス予防対策方針のご案内(祭事行事報告)》ご覧ください。

ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須(ワクチン摂取・非接種に関わらず)」「釣り銭不可(どうしてもご入用は事前にご申告ください)を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。

目次
閉じる