MENU
新型コロナウイルス感染症における対策方針・運営状況はこちらをご覧ください >

令和四年 お正月年頭の御祈祷について

▲クリック(タップ)して内容をごらんください

現在、新型コロナウイルス感染症予防対策として、令和二年春頃より、当宮では全ての御祈祷を委託制に切り替え、事前電話からの完全予約制により、御来宮の必要なくとも安全に御祈祷いただくことも可能になり、完全に当宮にご信託いただく形で執り行っております。

【御祈祷について】当宮は御本殿が狭く、換気も十分に行き届かないことから、疫病の終息までの安全対策として、新年の御祈祷においても、昨年同様に御本殿内でのご参列は中止にて、御本殿拝殿の外(御賽銭箱前ビニールシート越し)からのご参列とし、自己責任による各々の感染対策の上、最小限の人数で御祈祷のご観覧や記念写真撮影などをしていただけます。

目次

令和四年 新年の御祈祷について

平常時の例年の三ヶ日は、その場でお申し込みから御祈祷まで即時御対応していましたが、令和4年お正月の「新玉祈願」「厄除祈願」等の御祈祷は、昨年に引き続き現在は非常時下につき、個人・法人、願意や人数に問わず、すべての御祈祷を『委託制』による完全予約制につき、必ず事前にお電話予約にて、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。

今期の大晦日〜1月4日においては、昨年以上のお詣りの人出が予測され、混乱の回避・安全確保のため、社頭全受付並びに『御祈祷の斎行自体』を休止し、お電話のみのお申込み受付にて御対応させていただく特別運営体制をとっています。

新年は1月5日より委託制にて御祈祷を開始いたします。ご予約は年中無休で承っておりますので、必ず事前にお済ませくださいますようお願いいたします。尚、法人のお申込みに限り、仕事始めなどで止むを得ない場合には1月4日のご祈祷もお受付いたします。


御祈祷料の御精算及び祭典授与品の受け渡しについて

【ご参列にお越しいただける場合】は、基本的には、その時に神社にて行います。

【完全委託制にて御来宮なき御祈祷の場合】は、原則として、前入金制(現金書留・当宮社務所郵便受け投入・オンライン授与所から精算)にて、授与品の配送(送料別)も承っております。オンライン精算では、クレジットカード決済等もあり便利です。オンライン精算をご希望の際は、事前にその旨をお電話にてお申し付けください。

また、御精算や授与品の受け渡し等においても、当宮からは非対面においての最善な応対を務めさせていただきますので、安全対策を重視していただき、『完全事前予約』『マスク着用必須』『釣り銭不可』の厳守に、ご協力賜りますようお願い申し上げます。(※どうしてもおつりをご入用の場合は、準備がございますため、事前に必要額をお知らせください。)


祭典授与品種別による御祈祷料のご案内

委託制御祈祷は、環境及び情勢等の都合や身体的不調等の事情等により御来宮が困難な場合や遠方のお方など、基本的にはご自宅等に居ながらにして安全にご祈祷をお受けいただけるようにするための制度でございますが、現在のコロナ禍における国内情勢において、国民の経済的困窮等の可能性への特別対策としても、現在は、ご祈祷のお下がりとしてお渡しする「祭典授与品」の選択により、金額がお選びいただけるようになりました。

【祭典授与品のご案内】として以下に、「令和四年授与品カタログ」及び「境内授与品見本現物展示」並びに「当WEBサイト内の授与品のご紹介ページ」記載の授与品番号をお知らせいたします。 授与品カタログは当宮の鳥居右横及び本殿正面右横にございますので、ご自由にお持ち帰りいただきご活用くださいませ。

◎ 《こちら「授与品のご紹介」》より本年の授与品番号をご参照いただき、お気軽にお電話にてご予約ください。 尚、置物は数量限定の先着制のため、お早めにお申し込みください。(※受渡当日の変更及び配送後の返品交換はいたしません)

  • 【三万円以上(法人)新玉祈願】の場合 「5・6・7のどれか」+「78・79・80・81・82のどれか」+「8(初穂料額の制限内での人数分)(※左記を基本形式として初穂料ご奉賛額に応じて授与品内容は御変更いただけます。範囲を上回る場合は、該当の授与品代が加算となります。)
  • 【一万円以上(個人)新玉祈願】の場合 「5・6・7のどれか」+「78・79・80・81・82のどれか」
  • 【五千円以上(個人)新玉祈願】の場合 「5・6・7のどれか」+「78」
  • 【五千円以上(個人)厄除祈願】の場合 「6」+「9」
  • 【五千円以上(個人)合格祈願】の場合 「6」+「34・35のどちらか」

*祭典授与品が一切不要の場合は【法人は1万円以上】【個人は3千円以上】となります。

◎ 完全委託制につき、御祈祷時に御参列にお越しにならない御方様に限り、祈願祭斎行後の後日に「御祈祷証明書」を発行し郵送にてお届けいたします。

◎ 上記一覧は一例にすぎません。事前にご依頼いただければ、人数や願意などの変更により他の授与品等への交換は可能ですので、事前にお電話にてお問い合わせくださいませ。

安全対策による『完全予約制』につき、事前予約のない突然のご訪問及びマスクの着用のないお方や体調不良等の症状がある場合などは、原則、応対をお断りさせていただきます。大変心苦しいですが、日程調整の上、機会を改めさせていただくこととなりますので、どうかご了承の程、お願い申し上げます。

授与品に関する詳細は、既報の「令和四年(寅年)授与品のご案内」「令和四年 授与品のお申込み方法」にてご案内しております。また「当宮の御祈祷のご案内」及び「委託制御祈祷について」ものご案内ページがございますので、ぜひご参照くださいませ。

※御祈祷のお申し込みは(完全予約制)につき、正月受付休止期間(大晦日〜1/4)でも、お電話限定にて承っております。


◇ 令和四年 八幡宮 お正月行事案内(総合案内)

《お正月行事休止につきご協力のお願い》休止・変更等の運営に関する重要なご案内

令和四年のお正月行事《大晦日・初詣・授与品・御祈祷・各種受付・その他各種行事》における新型コロナウイルス感染症対策での中止・変更等、各ご案内を随時掲載していきますので、初詣等のご予定の皆様は、是非ご覧くださいませ。

《こちら》より、お正月に関するすべてのお知らせがご覧になれます。(※随時更新のため旧情報等が掲載されている場合もございます)


*関連項目(合わせてご覧ください)

あわせて読みたい
新型コロナウイルス予防対策方針のご案内(祭事行事報告) 現在の当宮の祭典行事の中止や変更等の運営状況のご案内は、下記《非常時下における 一般参加行事の運営状況のご案内》にてご報告しております。 非常時下における 一般...
あわせて読みたい
授与品のご紹介 授与品について(ご利用案内) > 八幡宮 オンライン授与所 > 【御神札 各種】 御神札とは、それぞれの神様に通じることのできる窓口です。御守りが「個人」の守護となる...
あわせて読みたい
授与品について(ご利用案内) 各授与品のご紹介 > 八幡宮 オンライン授与所 > 【授与品のお取り扱いにつきまして】 御神札・御守には、神様の幸魂が宿ります。 決して、気休め程度や形式だけなどの...
あわせて読みたい
天然石御守についてのご案内 「宮司奉製天然石御守」は、八幡宮謹製にて、宮司奉製による根付け型の当宮限定の天然石御守りです。 【天然石御守りについて】 石(鉱物)は知的物ですので、御守りと...
あわせて読みたい
令和四年授与品(御神札・御守り等)寅年のご案内 ◎ 12月1日より、令和四年の御神札や御守り並びに寅年干支置物等の縁起物などの授与品の取り扱いを開始致しました。 https://yahatanomiya.com/juyohin-guide/ 授与品の...
あわせて読みたい
令和四年 授与品のお申込み方法のご案内 令和四年の授与品(御神札や御守りや縁起物等)のお求め方法は、昨年度(令和三年)同様のお手続き方法にて、コロナ禍につき全ての方の安全のため、授与品カタログ・社...
あわせて読みたい
古神札返納・お焚き上げにつきまして 【どうして御神札や御守りは返納しなければいけないの?】 古札や古神札と記して「こさつ」と称される『旧年の授与品(御神札や御守など)』の扱いや在り方として、もっ...
あわせて読みたい
御祈祷・ご相談 のご案内 【各種 ご祈祷・ご相談 のお申し込みについて】 ◎ご予約方法 及び 御祈祷奉仕時間のご案内 ご祈祷及びご相談の奉仕時間:9:00〜15:00(下記、正月三ヶ日を除く) ・完全...
あわせて読みたい
御祈祷の完全依託制度のご案内 当宮では以前より、足をお運びいただくのが困難なお方様にはご希望に応じて、お施主様をはじめ参列者無しにて「完全依託での御祈祷」を承っております。 願意の詳細すべ...


新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針及び各行事の中止等の運営状況のご案内は《新型コロナウイルス予防対策方針のご案内(祭事行事報告)》ご覧ください。

ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須(ワクチン摂取・非接種に関わらず)」「釣り銭不可(どうしてもご入用は事前にご申告ください)を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。

目次
閉じる