MENU
新型コロナウイルス感染症における対策方針・運営状況はこちらをご覧ください >

古神札返納(無償返納期間)開設のお知らせ

▲クリック(タップ)して内容をごらんください

例年通り12月1日より古神札返納無償期間として「古神札納所」を境内に設けております。

例年通りとんど当日の午前中までは納め所を設置して、古神札返納をお受付しておりますが、昨年に引き続き、新型コロナウイルス感染予防対策及び境内の安全対策につき、今期においても「前日の1月14日まで」に、できる限りご返納をお願い致します。

また、昨年同様にお焚き上げ祭当日も、感染予防・保全対策のため、とんど当日は「焼却釜付近」及び「作業範囲」へは《立ち入り禁止》と致しますので、ご協力お願いします。

現状、冒頭の写真にあるように、本殿正面左横に「古神札返納箱」を開設しておりますが、昨年同様に本年においても後日に『特設古神札返納所』を境内に設置いたします。設置後には当サイトにおいてお知らせいたします。

古神札の種類による返納の可否やその他のご説明等は《古神札返納・お焚き上げにつきまして》ページをご覧の上、コロナ禍において、安全に執り行うためにも、各々の安全や防寒及び感染防止対策として『マスク着用』や不要不急を避けた行動を心がけるなどして、皆様のご理解とご協力をお願い申しあげます。

あわせて読みたい
古神札返納・お焚き上げにつきまして 【どうして御神札や御守りは返納しなければいけないの?】 古札や古神札と記して「こさつ」と称される『旧年の授与品(御神札や御守など)』の扱いや在り方として、もっ...
あわせて読みたい
特設古神札納所の設置のお知らせ(旧年の御神札や御守り等の納め所) *「大型特設古神札納所」令和四年は昨年に引き続きいつもの場所と異なります。 【】 例年通り12月1日より古神札返納無償期間として「古神札納所」を境内に設けておりま...
あわせて読みたい
【重要】令和四年のとんど(お焚き上げ祭)のご案内とお願い(※一部立入禁止) 例年、1月15日の午前9時から正午まで、氏子総代会の皆様にご奉仕いただき、境内でとんど(お焚き上げ祭)を執り行っておりますが、昨年に引き続き、令和四年のとんどに...


新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針及び各行事の中止等の運営状況のご案内は《新型コロナウイルス予防対策方針のご案内(祭事行事報告)》ご覧ください。

ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須(ワクチン摂取・非接種に関わらず)」「釣り銭不可(どうしてもご入用は事前にご申告ください)を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。

目次
閉じる