MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

七五三まいりの由来

今日は、七五三詣りの由来についてお話しいたします。

近年、一括りに「七五三」と言われ、満年齢でお詣りになられることも多くなりましたね。

男児は数え年の三歳と五歳、女児は数え年の三歳と七歳の11月15日に、お住まいの産土神様・氏神様へお詣りなさるのが習わしです。

(当宮では現在、ご都合に合わせて10月下旬から12月初旬まで承っております。それ以降にお詣りをご希望の場合も遠慮なくご相談くださいませ。)

 

三歳のお祝いは、「髪置きの祝い」と言われ、赤子の髪型から子供の髪型へ変わる行事。

五歳のお祝いは、「袴着の祝い」と言われ、男児が初めて袴をつける行事。

七歳のお祝いは、「帯解きの祝い」と言われ、女児が子供用の柔らかい帯を解き、大人と同じ固い帯に締め直す行事。

このように、それぞれの意味がございます。

 

つい百年程前までは、子が無事に成長できずに尊い命を亡くすことも、決して少なくありませんでした。

祖先や先人達は、こうして頻繁に、子が無事であることを感謝し、この先もどうか元気に育ちますようにと祈り願ってこられました。

祖先や先人達のこのような親心があり、祈りがあり、たくさんの御守護があり、その歴史の上に今日の私達が存在します。

大切に受け継がれてきた日本の祈りは、私達もまた子へと伝えていかなければならない、生命の財産でございます。

 

私もまた我が子を思うように、皆様の大切なお子様方のこれからを思い、お一人ずつ御祈願させていただいております。

 

八幡宮

 

御境内の楠が、年を重ねるごと緑が加わるように、

お子様方が、たくさんの感謝と祈りの中で、大切に大切に人生を歩んでいかれますように。

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。