MENU
新型コロナウイルス感染症における対策方針・運営状況はこちらをご覧ください >

明日は秋季例祭です

明日、10月22日は、当宮の最も重要な祭典【秋季例祭】でございます。

当宮での秋祭といえば、氏子の皆様は10月の第三土日曜日に行われる【秋のだんじり祭り】だとご認識のお方も多くいらっしゃると思います。

近年では、どうしてもご奉仕なさる方々のお仕事のご都合もあり、休日に祭典が変更されることも多くありますね。

当宮のだんじり祭りも、昔は、本来の秋季例祭日と同じ日に執り行われました。

この例祭というのは、神社の創建や神様のご由緒に深く関わるとても大事な日です。

このご時世ですので宮司一人のご奉仕となりますが、
神社の創建を祝い、これまでのご恩や御恵に感謝し、またこれからもお変わりなく御鎮座いただけるように、そして、この横堤の里と氏子崇敬者の皆様をお護りいただけますように、誠心誠意ご奉仕いたします。

数値上は落ち着いているとはいえ、まだまだ終息の見込みのない疫病蔓延下のため、皆様の安全のためにご参列はしていただけませんが、氏子の皆様には、お心をお寄せいただけますと幸いに存じます。

町はすっかり気が緩んでいますが、これからの季節、どうか今一度気を引き締めていただきまして、長くつらい戦いですが、どうか皆様ご無事で乗り切ってくださいますよう、お願い申し上げます。



新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針及び各行事の中止等の運営状況のご案内は《新型コロナウイルス予防対策方針のご案内(祭事行事報告)》ご覧ください。

ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須(ワクチン摂取・非接種に関わらず)」「釣り銭不可(どうしてもご入用は事前にご申告ください)を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。

目次
閉じる