MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

夏越の大祓式

6月30日 午後3時より、夏越の大祓式を執り行いました。

ご神前での神事の後、ご参列いただきました皆様と一緒に茅の輪をくぐりました。

P6300074 2

平日のお昼間にもかかわりませず、皆様、ようこそご参拝いただきました。

P6300180

下校中のお嬢さんも(鳥居のところで入りたそうにしておられたのを、総代さんたちが半ば強引にお誘いいたしましたので、先生方どうか叱らないでくださいね。)

P6300178

氏子さんのお孫さんも

ようこそお参りくださいました^^

 

 

今年も残り半分でございますね。

つみ・けがれを祓われて、
皆様がお気持ちも新たに、下半期も無事に健康でお過ごしになりますように、
お祈り申し上げます。

 

※茅の輪は、一週間ほど後まで設置してございますので、どうぞご自由にお参りくださいませ。

ご本殿右側の赤色の案の上に、茅の輪のくぐり方のご説明を書いた紙がございます。
そちらもご自由にお持ちくださいませ。

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。