MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

茅の輪ができあがりました

昨日、古宮神社の総代さんの土地の葦を刈らせていただく予定でしたが、御厚意で刈り取った葦をくださりました。

その分時間も出来ましたので、一緒に刈りに行ってくださるはずだった総代会長さんにお手伝いいただきまして、茅の輪を作りました。

例年、葦を刈るのに手間取り、刈る日と茅の輪を作る日とが別々でございましたが、今年はお蔭様で当日に作ることができました。

青々とした茅の輪は、見ているだけで心が清々しくなりますね^^

夏越の大祓式は、今月30日 15時より斎行いたします。

今年も半分が過ぎます。
身も心も新たに、残り半分も清らかに健やかに過ごせますように。
心をこめて御祈願いたします。

皆々様どうぞおまいりくださいませ。
お待ち申し上げております。

DSCF9687

 

 

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。