MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

【お詫び】書き初めのお焚き上げについて

八幡宮、職員の者です。

先日、ご来宮いただいたお方のご質問内容に対し、私の返答に誤りが発覚したため、今となっては便りをする宛てもわからず、取り返しのつかない状況になってしまったため、こうして当宮のサイト記事として、ご案内させていただくこととなりました。

あと数日で、今期(令和三年)のとんど(お焚き上げ祭)の日となりますが、その時のご質問とは、境内に設置した古神札納所への「返納の御品」についてのご質問をお受けしました。

そのご返答に「返納品として相応しくはない」という返答をしてしまったのですが、その後に気になり調査を行い、また宮司にも訊ねたところ、その御品の返納は不可ではなく「可」であり、歴史上に見ても多くの地域で伝え残るとんどの風習の代表的なひとつでした。

その御品とは「書き初め」のことです。当文面においては詳細は伏せますが、どうかお心当たりの方は、今一度、まだ御必要であるならば、ぜひお納めくださいませ。

私の知識不足により、ご足労いただいたにもかかわらず、大変失礼なことをしてしまい、心よりお詫び申し上げます。

尚、今年のとんど(お焚き上げ祭)においては、ウイルス予防対策につき以前よりご案内しているとおり、例年とは異なり「火処や作業エリア」並びに「末社二社」へはほぼ全日において立入禁止となります。

そのため『炉の付近で火や煙にあたること』や『ご自身で火の中に古神札等を入れること』、『職員へ直接の手渡しで依頼すること』などの行為は、今年に限ってはしていただくことができません。

したがって、古神札や返納品は、どんな御品であっても、今年はすべて作業をする職員が火処(炉の中)に入れることとなります。

また、炉の付近へは近寄ることができないため、燃える様子をご覧になりたい場合でも、今年は、位置的に近い場所でも「炉から3m以上」は離れています。

万が一、ご自分で火に入れることや、火に入れた御品の燃える様をご覧になることをご希望だとしても、予測するに今年の条件は、良いとは言えないものだと思います。

そのようなコロナ禍においての今年のとんどではありますが、そして、あと数日後に迫る今日ではございますが、もしもまだ御用が果たせるようであれば、どうかお越しいただければ幸いに存じます。

また、今年を諦めたとしても、また来年以降には、ぜひまた当該の御品をお持ちくださいませ。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

(※当内容は2月初旬をもって削除致します)


新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須」「釣り銭不可」を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。