MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

「ホームページはじめます」ご挨拶

八幡宮

当宮は長らくの間、インターネットと切り離して運営を続けてまいりました。

その理由は、宮司であります私がデジタルな操作がとても苦手だったことと、毎日朝から夜遅くまでの忙しい社務の合間を縫って、定期的に更新できるか自信を持てなかったことでございました。

しかし、ご祈願や祭典行事に関しまして、社頭には掲示しているものの、ご祈祷を受けにいらしたお方との楽しいお話しの中でや、お電話のお問い合わせの中で、「インターネットで調べても出て来なかった」というお声をたくさん頂戴しておりました。
それに加え、安産祈願や初宮詣でや七五三詣り等、産土の社でございますのに、お子様のご祈願へのご説明があまりにできていなかったと反省いたしまして、今の時代に、皆様がお気軽にお読みいただけるもの、調べればすぐに知ることのできるものは・・・と考え、苦手なインターネットへ一歩足を踏み入れたわけでございます。

既にたくさんの神社や神職が素晴らしい発信をなさっておいでですので、 私は、私個人の価値観や考えも加えながら、楽しくお話しさせていただければありがたく存じます。

何分不慣れで、行き届かない部分もあるかと存じますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

 


 

「心の泉」宮司のコラムについて

ホームページを作成するにあたりまして、どうしてもしたかったことがございました。
それは、このホームページをご覧くださる方々に、神道の奥に息づく真心をお伝えすること。

普段は内勤も多く、ほとんど休み無くご奉仕していても、なかなか皆様のお目にかかることも難しく、ゆっくりお話しできることは本当に少ないものです。

次世代へと是非お伝えしてまいりたい「神道の真心」。それは本当に豊かな心でございます。

感謝、愛、畏敬、それらのご先祖様や先人達の真心を知るだけで、私たちの日常が輝いて見えます。幸せとは、ただ、ものの見方・捉え方が決めているものであると私は思います。心や感情が豊かになれば、自然と人生が豊かになります。

運命自体からは逃れられませんが、運命を作ることは出来るのです。

一言で「心や感情を豊かに」と申しましても、目に見えないある種の習慣を変えるというのは大変なことでございます。努力をなさったことのあるお方はお分かりになると存じますが、残酷なほどに行きつ戻りつの世界でございます。

しかし、一歩でも確実に進むことの出来た世界は、それまでの世界とは全く異なる世界です。まさに、運命を作る瞬間でございます。

微力ながら、その手助けをさせていただけたらと思い「心の泉」と名付けました。
是非、私と共に、神道の奥に息づく真心を感じ取ってくださいませ。

—— と、何だかとても大げさに書いてしまいましたが、普段は楽しくお話しをする場にしたいと思っておりますので、どうかお心を楽にしてお読みくださいませ。

宮司のコラム《心の泉》
https://yahatanomiya.com/category/column/

 

八幡宮

八幡宮 公式Webサイト
https://yahatanomiya.com

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。