MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

本殿正面右窓箇所に毎年掲げている「干支大絵馬」を、令和三年(2021年)の干支『丑』に付け替えました。

例年、ご縁のある画家の方よりご奉納いただいております。今期もご奉納ありがとう存じます。

毎年ご覧になっていただいている方の中には、ご存知の方も多いのではと思われますが、この大絵馬に描かれる干支(十二支)は常に『白色』です。

神馬(しんめ)や白蛇などは有名ですが、神様の使いは皆『白』とされているのが所以です。

こちらからお願いしたわけでもなく、若い作家様がご自身でそのような存在への知識やお心遣いを大切に描いてくださることが大変喜ばしく、当宮にとりましてもこのご縁を幸いに感じております。

そろそろ点数も集まってまいりましたので、当Webサイトなどで、紹介コンテンツをご用意する予定でございます。

柔らかな透明感と静かなれど穏やかにほとばしる生命のあたたかな光を画の中にいつも感じる、確かにそこに神の使いが凛として存在している感覚を覚える安心が描かれているように感じて、神社としてとても相応しく、また誉れである感謝を毎年抱いております。

密かなファンも多く、毎年多くのお方がこの大絵馬の前で記念撮影をされています^^

ご本人のご意向で、お名前は伏せますが、海外では優しく清らかであたたかな温度を感じる作風を評価されている油絵の抽象画家様による御奉納でございます。誠にありがたく、そして今後のご活躍も大変楽しみでございます。

この度も、御奉納いただきまして誠にありがとうございました。

目次

◇ 令和三年 八幡宮 お正月行事案内(総合案内)

《お正月行事休止につきご協力のお願い》休止・変更等の運営に関する重要なご案内

令和三年のお正月行事《大晦日・初詣・授与品・御祈祷・各種受付・その他各種行事》における新型コロナウイルス感染症対策での中止・変更等、各ご案内を随時掲載していきますので、初詣等のご予定の皆様は、是非ご覧くださいませ。

《こちら》より、お正月に関するすべてのお知らせがご覧になれます。

八幡宮
令和三年お正月行事案内 | 八幡宮
令和三年お正月行事案内 | 八幡宮

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須」「釣り銭不可」を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。

目次
閉じる