MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

【重要】三が日の参拝休止時間のご案内(令和三年)

ご協力のお願い

三が日限定にて「参拝休止時間帯」を設けることとなりました。該当時間帯付近は、神社への来宮及びお立ち入りを完全に閉鎖致します。

三が日は例年、初詣でにお越しになるお方も多くいらっしゃいます。

令和三年のお正月行事及び催事についての休止・中止・変更等のご案内は、既に各分野・部門において、当サイトや社頭掲示板並びに一部のお手紙などでお知らせしておりますとおり、特に大晦日から1月4日までは全受付を電話のみにて、対面応対窓口は完全閉鎖と致します。

「初詣(お詣り)はできるのか?」というお問い合わせをたまにいただいておりますが、『お詣りは通常通り自由にしていただけます』。その上で急遽、決定事項があります。

三が日限定にて「参拝休止時間帯」を設けることとなりました。該当時間帯付近は、神社への来宮及びお立ち入りを完全に閉鎖致します。

保安及び保全対策として、多くの御参拝客が予想される三が日のみ、一定時間毎の境内の保守及び点検などの謂わゆる『メンテナンス時間帯』を設けることに致しました。

境内の清掃や保全対策、御賽銭の回収や境内敷地内の保安管理などを主体に行います。

平常時の普段であれば、巫女さんや総代さん達のご奉仕があればこそ、混雑する中でも、境内の清掃をはじめ様々な管理や整備が可能でありましたが、今期は人員はいません。しかしながら催事等は中止でも、皆様に安全にお詣りをしていただくためにも、管理は必要です。

休止時間帯においては、来られた方々には境内敷地の外などで、お待ちいただくことになってしまうのですが、どうか趣旨をご理解の上、全員・全体の安全のため、ご協力をお願い致します。

令和3年のお正月期間に限りましては、大晦日から1月4日まで対面での業務を全て休止の上、特に三が日に限り、混雑の中での混乱や感染等の危険リスクを回避するためにも、一日に2回を目安に各20分程度の立ち入り禁止とさせてさせていただきます。

◇ 三が日の参拝休止時間(ご来宮及び境内立ち入り禁止時間帯)

  • 1月1日 《① 12:00〜12:20》 《② 17:00〜17:20》 (※ 約20分間程度)
  • 1月2日 《① 12:00〜12:20》 《② 17:00〜17:20》 (※ 約20分間程度)
  • 1月3日 《① 12:00〜12:20》 《② 17:00〜17:20》 (※ 約20分間程度)
  • それぞれ《約20分間》皆様にご協力いただいて行える最短時間として設定致しました。
  • 万が一、ご協力をいただけないお方がお一人でもいらっしゃる場合などには、作業を待機し先送りとなってしまうため、その分、他の皆様をお待たせすることになりますので、どうかご協力くださいませ。

このような保全対策全般において、あくまでも当宮のみの方針及び決定です。

近隣や全国の他の神社は、各神社によってすべてそれぞれの運営をされています。他では例年通りの初詣運営をされている神社も多くあると思われます。

当宮においては、今期は前例のない「異例のお正月」となります。

誠に恐れ入りますが、すでに社頭掲示板及び公式サイトでお知らせしているとおり、大晦日から1月4日においては、どのような些細なご質問も、お電話のみにて承ります。 1月5日以降におきましても「コロナ禍等の事態下では完全予約制」を継続致しますので、御用のある場合は、原則、事前に必ずお電話にてお問い合わせやお約束(訪問予約)をお願い致します。

既に、授与品のお受け渡しや委託制の御祈祷申込等において、電話やWebからのお求めや予約制の授受等、氏子様をはじめ皆様には、その「異例」に対して、既に多くの方々にご理解やご協力を賜りまして、心より感謝致します。

しかし、そのような「異例」だからこそ、初詣当日には、神職を見かけると、色々なご質問をしたくなる方も多いのではと予測し、また、当方においても、ハレの参拝時にできる限りお応えしてしまいたくもなります。それが人間の素直な心情だと存じております。

特に三が日におかれましては、お一人に対応してしまえば、即座に長蛇の列ができ、収拾がつかなくなり、混乱や混雑を招きかえって危険な状況になってしまう恐れもございます。

そして、現在もでございますが、当宮からのお願いを守ってご協力くださっている多くの方々は、お電話・FAXまたはオンラインでお問い合わせやお申し込みをしてくださっています。

本当に心苦しいのですが、ご予約なしでのご訪問には一切応対ができません。特にお正月に関しては、どのようなご事情やご都合がおありでも、どのような誤解や不信を招いたとしても、固くお断り致します。

お知らせをお読みくださり、お願いを率直に聞いてくださり、ご不便ながらもご協力をしてくださっている方々を最優先いたしますので、悪しからずご了承ください。

皆様にとりましても、この新年は帰省が叶わなかったり、親族で集まれないなど、異例のお正月となることと存じますが、どのような環境におかれましても、心身ともに健やかにお過ごしになられ、また、良いお年をお迎えになられますようお祈り申し上げております。

◇ 令和三年 八幡宮 お正月行事案内(総合案内)

《お正月行事休止につきご協力のお願い》休止・変更等の運営に関する重要なご案内

令和三年のお正月行事《大晦日・初詣・授与品・御祈祷・各種受付・その他各種行事》における新型コロナウイルス感染症対策での中止・変更等、各ご案内を随時掲載していきますので、初詣等のご予定の皆様は、是非ご覧くださいませ。

《こちら》より、お正月に関するすべてのお知らせがご覧になれます。



新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須」「釣り銭不可」を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。