MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

お手紙送付(授与品カタログ配布)のお知らせ

先日、奉賛会会員様をはじめ、今年ご祈祷を受けられたお方へお正月の変更点などの詳細を書いた簡単な冊子に授与品カタログを同封し、送付いたしました。

何通か住所不明で返って来ております。もし、奉賛会の会員様で、お手元に届いていないお方がいらっしゃいましたら、再度送付いたしますので、ご連絡くださいませ。

奉賛会にお入りくださっている御方様の約半数はお歳を召されていることもあり、また、インターネットを使用されない御方様もいらっしゃることと存じ、要点をまとめて書面にしてお送りすることにいたしました。

しかしながら、こちらのサイトでご覧いただいております皆様には、必然ながら真意も含めこちらでのお知らせの方がより詳しく書いておりますため、環境・資源にもご配慮いただきこちらでのご閲覧にご協力いただけますとありがたく存じます。

授与品カタログを境内に設置致しました

当サイト内でも授与品はすべて掲載しておりますが、ご必要があれば本殿前と鳥居前にカタログBOXを設置しておりますので、そちらからお持ち帰りいただけます。(※数に限りがございますため、一世帯につき一部限定にてお願い申し上げます。)

お求め方法は、カタログ記載の方法や当サイトをご参照の上、カタログに「申し込み用紙」を添えておりますので、そちらの専用用紙からお電話やFAXなどで神社までご連絡いただき、必ず「品番」と「品名」と「数量」をお伝えくださいませ。

お手紙送付からの数日で、早速授与品やご祈祷などお申し込みくださったお方が多くいらっしゃり、誠に有難く存じます。
また奉賛金のご寄付をしてくださったお方もいらっしゃり、多大なるご高配に衷心より感謝申し上げます。

そこで、再度いくつか注意点のご連絡がございます。特に「オンライン授与所から《神社受取》の場合」についての大切な事柄です。

オンライン購入時の《神社受取》の場合の注意点

授与品カタログからのお電話でも、Webからのオンライン購入でも、お申し込み前に必ず《配送(送料別)》か《神社受取》をご選択の上でお手続きをお願い致します。(※お受け取り方法(配送方法)が混在の場合は、ご依頼取り消しとなる場合もございますので、ご注意くださいませ。)

《神社受取》お受け取り日時予約のお願い

オンライン授与所及びメール等から《神社受取》にてお申し込みの場合は、ご注文時に備考欄(*別途メール等も可)に『お受け取り日時』のご希望を第3希望まで、御記載お願い致します。(※必ず「日付」と「時間」の両方をご記入ください)
できる限りご希望に添い日時を決定後、メールかお電話にてお知らせ致します。希望日時が既に予約済みの場合等にてご希望に添えない場合やその他の確認等が生じた場合は、別途、メールかお電話にてご連絡させていただき、ご相談の上決定致します。

《神社受取》領収書について

オンライン授与所から《神社受取》にてお申し込みの際、領収書が必要な場合は、証書等に明記する《お宛名》等のご要望も含め、ご注文時に備考欄にてご依頼ください。

  • 明記するお宛名をご指示いただけなかった場合は「ご注文者様(個人名)宛て」にて発行させていただきます。いかなる場合においても再発行は致しません。
  • お電話やメールでの領収書発行依頼も可能ですが、お受け取り後はお受付出来かねます。

《神社受取》取引完了メール(発送のご連絡)について

《神社受取》にてお申し込みの場合においても、現在、当ECシステム(BASE)構造により、お取引完了後に「発送完了通知メール」が届きます。システム制限により、どうしても「発送」の扱いになってしまいますが、どうかご理解の上『お取引完了メール』としてお受け取りいただけますようお願い申し上げます。

皆様のご安全を配慮し、完全予約制にて社頭での混雑を回避いたしております。

また、お釣り不可・マスクのご着用などもお願いしております。

ご不便をおかけいたしますが、ご予約日時の厳守へのご協力を賜りますようお願い申し上げます。

【授与品カタログの訂正とお詫び】

皆様に配布いたしました授与品カタログですが、誤植が発覚いたしました。謹んでお詫び申し上げますとともに、以下に、訂正させていただきます。

干支置物5点の「品番」が誤っておりました。下記画像は既に修正したものです。

しかしながら、授与品のお求めには支障はないと判断可能な箇所ですので、どうかご安心いただき、引き続きお手続きくださいますようお願い申し上げます。

▲こちらが正規の品番(修正済)です。

◎当カタログの表紙にあたる1ページ掲載の授与品《干支置物(5品)》の「品番」に誤りがございました。下記の通り訂正させていただきます。

錦彩招福寿々丑「土鈴(どれい)」
×誤)12 > ◎正)74

錦彩招福丑「福運び」
×誤)13 > ◎正)75

錦彩招福丑「開運福結びセット」
×誤)14 > ◎正)76

錦彩招福丑「ふく福巾着」
×誤)79 > ◎正)77

青祥招福丑「青磁置物」
×誤)80 > ◎正)78

尚、現在、当宮にて「鳥居横」「本殿正面横」に設置して、どなたでもご自由にお取りいただける境内設置の『授与品カタログ』は、訂正のご案内を添付して既に修正済みですので、ご利用くださいませ。

また、近日中に、境内にて、鳥居からお入りになられた参道の右脇の掲示板に「授与品現物見本一覧」を掲示致しますので、実物をご覧になりたい方は、ぜひご活用くださいませ。

お正月・授与品に関するご質問・お申し込み・お問い合わせは、お気軽にお電話にてご連絡頂けますようお願い申し上げます。

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須」「釣り銭不可」を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。