MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

【重要】令和三年のお正月行事《中止・変更》に関するお知らせ

新型コロナウイルス感染症拡大防止の対策措置といたしまして、例年、お正月に当宮境内におきまして開設している特設授与所等の初詣特別受付行事のすべてを、令和三年においては開設を中止致します。

もちろん、初詣として自由にご参拝いただいて構いません。しかしながら大晦日からの混雑の可能性も予測されますので、皆様、防寒対策の上にマスク着用や互いに十分な距離を保つなどの感染回避対策も重ねてお参りくださいますようご協力お願い申し上げます。

お正月の特設授与所開設中止に伴い、各お正月行事に、いくつかの大幅な変更点がございますので、お知らせいたします。

  1. 例年、正月三が日限定にて境内東側に設置いたします「特設授与所」及び「社務所授与所」は令和三年はございませんお神酒と甘酒の授与も中止の上、神事以外の全業務及び全応対を休止していますが、三が日含む初詣期間は、無人のおみくじ箱を設置いたします。(*設置期間 1日〜3日:終日 / 4日〜14日:9時〜17時)
  2. 御神札や御守り等の授与品は、事前予約制での受渡(休止日あり)、もしくは郵送によるお届けにて承ります。ご依頼は、お電話1本で承れます。また、当宮発行の授与品カタログ&専用申込書によるFAXや郵送、インターネットでオンラインにて授与品をお求めになれる公式Webショップ等で、ご安全にお申し込みいただけます。
  3. ご祈祷は1月5日以降、参列なしの信託性御祈祷のみで承ります。(法人・個人共通「事前に電話からの完全予約制」
  4. 混乱を避けるため、大晦日〜1月4日までは境内におけるすべての対面業務を停止し、受付は電話応対のみに徹底させていただきます。(インターフォンも切ります)
  5. 奉賛会は令和三年におきましては一時休止し、完全有志のご寄付を募集いたします。
  6. 1月15日のとんど(左義長・お焚き上げ祭)は神職一人ずつの交代制で斎行いたします。原則として御神火近辺への近寄りや境内作業エリアへのお立ち入りは、今年に限っては不可(厳禁)とさせていただきます。
    古神札納所は例年通り12月1日より境内に設置致します。当日の混雑を回避するため、古札はできる限り14日までにお納めください。

*各要件毎の細なご案内は、当サイト並びに社頭掲示板等にて追ってお知らせいたします。


大変ご不便をおかけいたしますが、この一年近くの間、様々な想定をしながら【いかに皆様にご安全にかつご安心いただいて神様のご威光をお届けできるか】を協議し、インターネットで授与品をお求めいただける「オンライン授与所」「授与品カタログ」の新設など、国内外の状況を見ながら準備を進めてまいりました。

夏場の感染者の増加は、未発症保菌者の増加でもあり、次の秋冬の感染状況に必ず繋がります。気温が下がり始めてから徐々に体からウイルスが飛び出し、発症も始まるため、この冬は相当厳しい事態が予測されています。

もちろん、無事に済めば万々歳でございますが、万が一の事態を想定し、皆様のお健やかで安らかな日々をお祈りする神社が、悲しみを生み出すような事態になることは何が何でも避けたく、思い切った対策の実行に踏み切りました。

特効薬ができるまでの、たった数年の我慢であると思います。
それまで、一人でも多くのお方の命と人生とが守られるように願って止みません。

様々なお考えがおありであることは、重々承知しております。
その上で、神社は神と人とが繋がる聖なる場所であることをどうかご理解賜りますれば幸いに存じます。

今年《令和三年》のお正月は例年と全て異なります

例年お正月三ヶ日に境内にて開催していた御神札・御守り・御神酒の授与・甘酒振舞等の「初詣特設授与所」の設営及び全受付応対を「12月31日(大晦日)より1月4日まで」中止します。

もちろん初詣等のご参拝は通常通りしていただけますが、ご連絡受付はお電話限定にて承ります(9時から17時まで)

【令和三年お正月行事日程案内】

  • 旧年中及び年中:授与品お求め・御祈祷予約お申込受付中
  • 12月1日〜1月14日:古神札返納無償受付期間(※期間外は有償)
  • 1月1日〜4日:神社応対終日休止 《電話受付9時〜17時》
  • 1月5日より:新年御祈祷斎行開始《*予約は年中可能》
  • 1月1日〜14日:無人おみくじ箱設置期間《本殿付近予定》
  • 1月15日:とんど(お焚き上げ祭)《9時〜昼12時迄》
  • 2月2日(令和3年節分):節分豆まき催事中止《*人形申込期限日》
  • 一般行事・催事は中止ですが、神事・祭典は通常通り本殿内にて神職のみで御斎行致します。

◎ご要望・ご質問 どんなことでもご訪問前にまずは「お電話」ください。(06-6911-1016)
※不在時はメッセージを必ずお残しください後程おかけ直し致します
※コロナ禍において、事前確認なき突然のご訪問に対しては、応対できかねる場合もございます。

◇ 令和三年 八幡宮 お正月行事案内(総合案内)

《お正月行事休止につきご協力のお願い》休止・変更等の運営に関する重要なご案内

令和三年のお正月行事《大晦日・初詣・授与品・御祈祷・各種受付・その他各種行事》における新型コロナウイルス感染症対策での中止・変更等、各ご案内を随時掲載していきますので、初詣等のご予定の皆様は、是非ご覧くださいませ。

《こちら》より、お正月に関するすべてのお知らせがご覧になれます。

八幡宮
令和三年お正月行事案内 | 八幡宮

八幡宮 オンライン授与所《公式 ne...
八幡宮 オンライン授与所《公式 net shop》 powered by BASE 大阪府大阪市鶴見区横堤の産土神様・氏神様をお祀りする神社「八幡宮(はちまんぐう)」と申します。地域の方々からは、横堤八幡宮・横堤神社・八幡様など親しみを込めて呼...
あわせて読みたい
新型コロナウイルス予防及び保全対策方針 並びに 理念 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策への 当宮の方針 並びに 理念 令和二年から三年の現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への安全対策として、当宮行事...
あわせて読みたい
非常時下における 一般参加行事の運営状況のご案内 非常時下における 一般参加行事の運営状況報告《感染予防・安全対策》 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防対策として、各神事及び行事における変更や中止等の運...
あわせて読みたい
御祈祷の完全依託制度のご案内 当宮では以前より、足をお運びいただくのが困難なお方様にはご希望に応じて、お施主様をはじめ参列者無しにて「完全依託での御祈祷」を承っております。 願意の詳細すべ...
八幡宮
非常時のお知らせ《重要・緊急》 | 八幡宮 令和二年〜三年(2020年〜2021年)新型コロナウイルス対策をはじめ、非常時・有事・特別行事等への対策に関しての緊急及び重要なお知らせです。当宮の行事《各祭事及び催事...
あわせて読みたい
授与品のご紹介 各種 授与品のご紹介 御神札 各種御守り(肌守り・袋型守り・他)御守り(根付け・キーホルダー型)干支根付け(干支により毎年変更)御守り(吊るし型・カード型)十二...
あわせて読みたい
古神札返納・お焚き上げにつきまして 【どうして御神札や御守りは返納しなければいけないの?】 古札や古神札と記して「こさつ」と称される『旧年の授与品(御神札や御守など)』の扱いや在り方として、もっ...
あわせて読みたい
【重要】令和三年正月の授与品(御神札・御守り等)のお求めに関するご案内 【令和三年正月期間の特設授与所の開設は中止いたします】 例年、お正月三が日には、境内東側に特設授与所を開設し、各授与品受付やお神酒の授与や甘酒の振舞などを氏子...

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
ウイルス予防・保全対策の徹底のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷のご来観・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須」「釣り銭不可」を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。現在、原則として社頭での全ての対面応対は休止しております。ご用の際はまずは必ずお電話にてご一報をお願い致します。

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。