MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

Webサイトリニューアルに伴う各種ご案内

当「八幡宮公式Webサイト」をリニューアル致しました。

先月あたりから継続して公開リニューアルを実施してきたのですが、編集中や書きかけの内容等がお目に触れてしまったこともあるかもしれません。大変失礼致しました。

現在、まだ執筆編集中や未作成の箇所も多少あるのですが、以前とはサイト全体のデザインも構成もすべてほぼ完全に刷新致しましたので、ここにご案内させていただきます。

よりわかりやすいサイト運営を心がけ、随時更新してまいります。

新型コロナウイルス感染症対策に伴うご案内

今回のWebサイトリニューアルに併せ、以下等の「新型コロナウイルス感染症への当宮の対策」をはじめ、各行事の運営状況など、各種ご案内を特設コンテンツとしてご用意致しましたので、今後においても、緊急のお知らせや各運営からのご報告を随時掲載してまいりますので、是非ご覧ください。

現在(令和二年)において、新型コロナウイルス感染症の感染拡大が、未だ世界各都市において、更に深刻化を増しています。日本国内においては、どうしてもメディアを通じた政策としての一部的な報道が情報の主体にあるためか、真相は見えないまま、確定しきれない数値と確証できるはずもない見解に、国民の各々の判断や行動や将来への指針においてさえも、どちらにも偏ることもできずに、不確定のまま不安を抱えたまま生活している現状に感じます。

当宮においては、今年の節分の豆まきを節目に、今日まで神事や行事において、神職による祭典以外を中止といたしました。
また、境内でのマスク着用必須のお願いへのご協力をはじめ、対面から非対面への全受付の変更、手水舎や鈴の緒の使用休止、御祈祷の完全依託制度や授与品の新たな授与方法なども、皆様の御理解とご協力を賜りながら進めてまいりました。

皆様のご参列は中止となりましても、祭典などの神職による神事だけは止むことは決して無いため、今後におきましても例年であれば、年末年始の初詣期間から節分あたりまでの来年の準備が開始する時期でございますが、運営形態は未だ検討中につき、状況次第ではやむを得ず中止も念頭において、どのような方向にでも対応できるように試行も重ねて、例年以上の準備に徹しております。

氏神様、産土神様を祀る当宮、神社として、生命の安全と尊厳をなによりも優先し尊び、未曾有の疫病と直面していることを真摯に受け止めて、どなたにも後悔を生むことのないように慎重に慎重を重ねて判断をしてまいる所存でございます。

非常時下における一般参加行事の運営状況《令和二年〜三年》

あわせて読みたい
非常時下における《令和二年〜三年》一般参加行事の運営状況
非常時下における《令和二年〜三年》一般参加行事の運営状況非常時下における《令和二年〜三年》一般参加行事の運営状況報告新型コロナウイルス感染症(COVID-19)予防対策として、各神事及び行事における変更や中止等の運営状況...

新型コロナウイルス感染症への当宮対策方針 並びに 全運営概要

あわせて読みたい
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策への 当宮の方針 並びに 理念
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策への 当宮の方針 並びに 理念新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策への 当宮の方針 並びに 理念令和二年から三年の現在、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)への安全対策として、当宮行事の...

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。