MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

茅の輪お守りの授与方法が変更になります(新型コロナウイルス対策)

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷見学・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須」「釣り銭不可」を厳守の上、ウイルス感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください。

夏越の大祓式のご参列の中止並びに茅の輪設置中止のお知らせ

 

さて、例年6月30日に斎行申し上げております【夏越の大祓式】でございますが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、祭典は宮司一人でのご奉仕とし、参拝者の皆様のご参列は中止させていただく運びとなりました。

 

茅の輪の設置も、刈り取りから製作、設置に至るまで、大人数での密接した作業となるため、今年は見送らせていただきます。

ご予定くださっていた皆様には、その尊いお気持ちに心から感謝申し上げます。

 

残念ながら皆様のご参列は中止となりましたが、横堤の氏子の皆様の今年上半期のご無事への感謝を申し上げ、また今後の更なるお健やかな日々を誠心誠意神様へお祈りさせていただきます。

 

 

茅の輪守り授与方法の変更のお知らせ

 

 

6月30日の茅の輪くぐり神事当日に合わせて、お求めになる方も多い「茅の輪守り」に関して、勿論、御守り自体の授与は、年中を通してお取り扱い致しております。

 

新型コロナウイルス感染症対策により、現在は、急を要さない授与品のお求め自体をお控えいただき、対面での授与所応対を完全休止している期間でもあるため、今年6月30日当日の「茅の輪守り」の授与は、参拝者同士の安全確保のためにも、原則、お電話からのご予約制で承ります。

 

6月30日より以前でも以降でも授与は可能です。 

《ご予約日当日の授与品のお受け渡しのご案内
1、お受け渡しは、御本殿お賽銭箱の横に案(机代)を設置し、その上へご希望の数の茅の輪お守りを白い袋へお入れした状態で折敷に乗せて置きます。神職が離れるまでは、本殿前の石階段の下でお待ちください。

2、神職が離れましたら、合図致しますのでお守りをお受けいただき、同じ折敷の上へお守り授与初穂料をお納めください。
(※下記注意事項厳守にてお願い致します)

 

 

感染防止のため必ず、下記《注意事項》にご協力お願い申し上げます。

  • 必ず、おつりが必要ないようにご用意ください。 茅の輪守り一体1,000円の授与初穂料でございます。(釣り銭のお求めは、いかなる理由等にあっても、御対応致しかねますので、大変恐縮ではございますが、その場合は機会をお改めくださいますようお願い致します。)

 

  • 参拝時や授与品のお受取り等にて、御神前及び参道や境内に、他にどなたかいらっしゃる場合は、密接の危険性を避け、必ず2メートル以上の距離を保ち、前の方が済まれてからの行動及び移動にご協力をお願いします。

 

  • ご神前においても、境内全域において、必ずマスクのご着用を必須にてお願い致します。(どのようなご事情やご意向にあっても、マスク非着用の場合は応対を控えさせていただく場合もございますので、予めご了承ください。)

 

 

尚、現在の世界的な憂慮すべく情勢下での特設措置として、御神札や御守り等の『ご郵送での授与』を当該の期間において承ります。出来る限り外出を避けたいお方にも安全にお受けいただけますので、ご要望の旨をお電話にてお問い合わせくださいませ。

 

  • 八幡宮 電話番号:06—6911—1016

(不在時は必ず留守電にメッセージをお残しください。後程、当宮よりおかけ直し致します。)

その他、ご不明な点、ご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ^^

 

大変ご不便をおかけ致しますが、掛けた手間だけ皆様のかけがえのないお命が守れますこと、また安全と安心が確保されますことをご理解の上ご協力賜りますよう、何卒お願い申し上げます。

 

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
新型コロナウイルス感染症予防対策のお願い

神社にて授与品のお受け取り・御祈祷見学・各種御清算等にてご来宮の際は「完全予約制」「マスク着用必須」「釣り銭不可」を厳守の上、感染リスク軽減のため、必ずご来宮前にお電話にて日時約束をしてお越しください

*コロナ禍において、上記対策にご協力いただけない場合や事前確認なき突然のご訪問に対しては、留守の場合や不要不急のご用件や保安等の理由により応対をお断りする場合もございます。特に大晦日〜1月4日の期間は全日全受付を休止しております。ご用の際はお電話にてお願い致します。

令和三年 初詣特別お正月行事 及び 受付窓口は中止致します2020〜2021 新型コロナウイルス感染症対策

新年各行事・授与品受付・御祈祷受付・運営からの緊急・重要なお知らせ等のお正月期間に関するご案内は《総合案内》をご覧いただき、各種変更・休止等、ご協力お願い申し上げます。

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。