MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

祈りの前には、しなければならないことがあります。

多くの方々が、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の早期収束を心から願っています。

その方法は、一つだけ。

私達人類が、地球(女神ガイア)の声に、真摯に耳を傾け、自然界も含めた共存共栄の文明を築いていくことに、精神を移行していく他、道はありません。

この次に用意されているのは、あらゆる天災、そしてまた新たなウイルス・・・。

この新型コロナウイルスの誕生と蔓延を偶然や不幸と捉えるのか、

必然のメッセージと捉えて、素直に間違いを改めるのかで、明暗を分けます。

この国固有の信仰であります【神道】は、すべてのもの、事象に神々を見いだしてきました。

【八百万の神】と呼ばれます。

森羅万象に宿る神々の声に真摯に耳を傾けることこそ、【神道】の真髄であり、

【人類の道徳】であると私は考えています。

私達の未来を作るのは、私達自身です。

自然界へ耳も貸さずに、都合の良いことを願い祈っても、聞き届けられることはまずありません。

私達への親心によって、すべては起こっているのですからね。

祈る前に、しなければいけないこと。

何故、こういうことが起きているのかを、言い訳をせずに、まず真摯に受け止めることです。

そして、何をしなければならないのか、自分たちの都合を置いておいて、0からしっかり感じ取り、考えることです。

難しければ、理想を立てて、現実に形にするにはどうすれば良いかということに、智恵を絞り合いましょう。

その決意、行動が先です。

それからの祈りこそ意味があることを覚えておいてください。

こちらの私達が真に乗り越えるものというコラム、長文ですが、是非お読みください。

数ヶ月間、校正を繰り返しながらあたためてきた記事です。

あわせて読みたい
私達が真に乗り越えるもの
私達が真に乗り越えるもの連日、数は減少傾向であるものの、たくさんの方々の感染が確認されておりますCOVID-19。先日、医療従事者のお方がオンラインニュースにコメントを書き込まれていました...

運良く収束することなどあり得ません。

一度感染すれば、そのお方が生き続ける限りこのウイルスは体内にとどまり続け、活動と休息を繰り返して、感染を広げていくからです。

今、無症状であっても、いつまで無症状でいられるかはわかりません。

なぜなら、すべての血管へ感染を広げ、臓器を蝕んでいくウイルスだからです。

完全な解決は、万物が、間違いを改めた人間の意思と行動に納得してくださったときに、万物によって地球上から持ち去られるときです。

奇跡を起こすか起こさないかは、私達の行動次第です。

以下は、関連記事です。(コロナ関連ではなく、真意としての関連記事)

あわせて読みたい
【平和】は神へ祈るだけのものではなく、自分たちで成し遂げるもの。
【平和】は神へ祈るだけのものではなく、自分たちで成し遂げるもの。皆様、こんにちは。まだまだ全容を把握できない新たなウイルスの脅威に、各国で緊急事態宣言がなされたり、特例処置がなされる中、この国は何故入国管理においてもリス...
あわせて読みたい
祈りを忘れず。
祈りを忘れず。 皆様、こんにちは。なんと週末は30~40年に一度とも言われる大寒波が西日本に押し寄せるようで、数日前からすでにその余波がやって来ていますね。職場でも自宅でも...

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。