MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

《6月30日》夏越しの大祓式へのご参列並びに茅の輪の設置中止のお知らせ

【六月三十日の夏越しの大祓式へのご参列並びに茅の輪の設置は中止いたします】

新型コロナウイルス感染症の蔓延による事態の収束に向けた対策として、例年6月30日に15時より齋行される『夏越しの大祓式』は神職のみの奉仕とし、皆様のご参列を中止することと致します。

《ご参列中止に伴い、毎年6月下旬から7月中旬頃まで境内に常設する『茅の輪』の設置におきましても、大人数での刈り取りと作成になるため、見送らせていただきます。》

(こちらは例年の茅の輪の写真です)

 

 

茅の輪の作成等のご協力並びに各祭典への御参列をお考えくださっていた皆様、例年のご奉仕と御心を心より感謝申し上げます。

各々の安全と全体の保安の為、趣旨を御理解の上、ご協力お願い申し上げます。

 

引き続き、お互いの安全への配慮としても不要不急の外出は避け、お出かけの際には必ずマスクを着用なさって、予防に努めて、皆々様、くれぐれもお気を付けてお過ごしくださいませ。

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。