MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

豊栄稲荷大神社並びに大地主黒竜大神社例祭を斎行いたしました

本日正午より、豊栄稲荷大神社並びに大地主黒竜大神社例祭をご斎行申し上げました。

 

 

お稲荷様は五穀豊穣の神様で有名ですが、当宮の末社「豊栄稲荷大神社」の神様は、御神霊は水分(みくまり)の神でございます。

私達が生かされておりますこの地球も、この身体も、大半が水分でできています。五穀豊穣を願うにも、水の存在なくして叶いません。

私達の生命にとても大切な水をお分ちくださりお恵みくださる神様なのです。

 

 

 

大地主黒竜大神様は、この横堤の里をお守りくださる土地の神様です。

皆々様が安心して暮らせるように、日夜ご尽力くださっています。

 

 

 

こちらの末社二社の神様に、皆様の安らかでお健やかな日々と、地球人類がこの大きな試練を通して万物と共存を目的とした文明を築くことに目覚めていけるようにお祈り申し上げました。

 

 

 

 

 

 

祭典中は、前もって掲示しておりましたとおり、新型コロナウイルスの流行により、皆様のご安全を最大限考慮し、祭典中のご境内への立ち入りを一時禁止させていただきました。

前代未聞の立ち入りの一時禁止でございましたが、快くご協力いただきまして、誠にありがとうございました。

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。