toggle
2020-02-28

新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力願います《1》

《新型コロナウイルスの感染拡大防止にご協力願います》

新型コロナウイルス感染症の拡大防止に向けた対応について、政府からの基本方針及び府内市町村に対応した行政等の要請を熟慮の上、感染拡大防止の観点から、当宮における当面の方針を決定致しました。御氏子及び参拝者の皆さまには、趣旨をご理解いただき、ご協力いただきますようお願い致します。

【ご参拝及び授与所等の応対につきまして】
現在、当宮におきましても、祭典奉仕時及び御祈祷奉仕時以外の職員のマスク着用を義務づけております。応対上で不快に感じられるお方もいらっしゃると存じますが、感染拡大防止への必要性をご理解の上、ご参拝時等においてもマスク着用を心掛け、気になる場合は「手水舎のタオル」や「鈴の緒」などへの接触もお避けください。

各種御祈祷及び屋内外での式典や神事等をご検討の方は、国内の方針等を踏まえ、今一度、感染リスクを勘案した上で、日程の変更や延期など開催の必要性をご判断願います。
その上で、参拝や祭事等の際は、マスク着用の徹底をはじめ、主催者様におかれては、換気や接触防止への工夫やアルコール消毒液の設置など、必要な感染予防対策を講じた上で、咳や発熱などの症状、疲労や体調不良のある方、高齢者や妊婦や持病のある方などの参加の再検討などにおいてもご注意の上、くれぐれもご配慮くださいますようお願い致します。

【御祈祷を受けられる際に】
・急を要する御祈祷や祭事でなければ、延期をお考えください。
・御祈祷奉仕時は、窓を開け放して換気を行います。各自防寒をしっかりなさってください。
・神事中においては、神職はマスクを着用できないため、必ず各自マスクを着用なさってください。

【御神札・御守・御朱印の授与について】
・急を要すること以外は、機会を改めていただいたき、ご来訪の際は必ずマスクの着用をお心掛けください。
・御朱印の授与につきましては、急を要する可能性が極めて低いと判断し、当面休止させていただきます。
・感染拡大防止のため、当宮社務所にお越しになる時に限らず、お出かけの際には必ずマスクの着用をお願い致します。

【ご相談及び各種ご予約について】
・急を要するご相談以外は、機会を改めてください。ご来訪の際は必ずマスクを着用の上、お越しください。
・ご予約やお問い合せをはじめ、緊急のご相談やご内容によっては、お電話などでも充分にご対応可能ですので、まずは、必ずお電話にてご連絡をお願い致します。

 

 
窮屈に感じられるかもわかりませんが、誰一人抗体を持たないウイルスに接触すれば100%感染しても不思議ではありません

残念ながら、未だ有効な治療薬もありません

新型コロナウイルスは60℃以上でないと死滅しないため42度を越える発熱をしても勝てずに体力を奪われ続けるために、ご高齢の方々や持病をお持ちの方々には大変な脅威であり、感染してからでは遅いです。

自分自身だけでなく、間接的にでも接触し得るすべての方々のために、不要不急の外出は慎み、やむを得ない場合には必ずマスクを着用してお出かけください。

マスクも欠品が続いております。キッチンペーパーや布でも簡単に作れますし、

布や不織布のタイプは、アルコール消毒+熱湯消毒+洗剤洗浄+室内乾燥+アイロンで熱処理(低温で当て布必須)で再利用ができます。資源への意識の転換期でもありますね。

 
今なお、たくさんの方々が亡くなられ、苦しい思いで闘病されている方々が増え続けています。
検疫をしてもらえないお方につきましては、ニュースにもなりませんが、報道以上の感染者数が見込まれている状況です。

必要以上に怯える必要はありませんが、正しく危機感を持ちリスクを下げる努力は万人に必要です。
一刻も早く収束するように、何卒ご理解の上、ご協力いただきますようお願い申し上げます。

 


関連記事
心の泉《宮司のコラム》

八幡宮

信仰とは産まれ生きる美しき感謝の在り方〜『神道の奥に息づく真心』をお伝えする

今、しようとする御祈願の本来の姿は?神職は何を御祈願してくださるの? ほんの少し知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。

「祈り」とはなにか? 古来から守って来た親心、愛情を知ってみませんか?


宮司のコラム「心の泉」を読む  ◎「コラム記事一覧(目次)」を見る