MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

とんど(左義長/お焚き上げ祭)のお知らせ

今年も、例年通り、1月15日午前9時から正午まで、とんどを執り行います。

御神札・御守・しめ縄(しめ飾り含む)・神事に使用した品などのお焚き上げに該当する品は、必ず当日正午までにお持ちください。

 

当日、総代会の方々が、針金や橙など燃えない物を切り分けてくださっています。

通勤等の理由でお持ち帰りいただけないお方もいらっしゃいまして、神気の宿る食べ物を当宮から廃棄するもったいない事態になっております。

どうか、ご自宅のほうで出来る限り仕分けていただいて、燃え残らないようにしてお持ちくださいませ。

ご協力賜りますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

 

 

とんどの神事より後は、12月まで原則受け付けておりません。

しめ飾りも、1月7日以降ははずしていただけますので、橙と針金や金属部分は取り外していただいて、余裕を持ってお持ちください。

橙や鏡餅は、歳神様(今年は千手観音様)の神気の宿ったありがたい食べ物です。

是非とも工夫して召し上がって、たくさんのチャンスや希望を手にする神様にあやかってくださいませ^^

※神道は本来宗教ではなく、そのため宗教の垣根はございません。

 

 

お受けできないもの

・神事に関係のない廃棄物(年賀状・写真・結納用品・書き初め以外の書き物など)

・生花(榊・仏花など)

・食べ物(餅・橙・みかんなど)

・燃やすと有害になるもの(プラスチック製のお餅の容器など)

・とんどの火では燃えないもの(陶器・ガラス・金属でできたもの)

・事前に御祈祷が必要なもの(人形やぬいぐるみなど)

 

迷われた時はお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。