MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

七五三詣りがはじまっています^^☆彡

 

七五三詣りがはじまりました!!

当宮は一ご家族様ごとのお詣りのため、“子がじっとしてくれない” “子が静かにできない”などの気兼ねなくゆっくりお詣りいただけます^^

 

七五三詣りの由来

にも記しておりますが、男児は3歳と5歳、女児は3歳と7歳にお参りいただくのが通例でございます^^

 

近年、フォトスタジオのサービスによってイベント化しつつありますが、

本来は神仏やご先祖様へ、子が無事に大きくなっているお蔭様への感謝と、これからの健やかな成長を祈る厄除の行事であり、大切な節目です。

人というのは親が育てているようで、目に見えない存在にも常に守られています。親の真摯な祈りによってその力はますます強くなるものです。

「祈り」というものはとても大きな力があります。科学でもやっと証明されつつありますね^^

 

是非、ご神前で祈りを捧げにいらしてください^^

全国神社の神職は祈りのプロであり、神々と人との中取り持ちと言われる所以でございます^^

 

私個人といたしましても、この世界を担っていかれるすべてのお子様方のお健やかな成長を心から願っております。

すべてのお子様が尊く、愛おしく、大切です。

 

みなさまのお詣りを心からお待ちしております^^

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。