MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

社務所の屋根の工事が始まっています

昨年の台風21号では、御本殿屋根と社務所屋根の被害が大きく、ご近所にお住まいの多くの方々からのお勧めでとても誠実で良心的な業者様との出会いに恵まれ、予算に応じていただいて色々と提案・工夫を重ねてくださってまいりました。

保険会社との兼ね合いでようやく工事が開始となりまして、只今社務所周りに足場を組んで作業していただいています。

 

近隣の皆様には、騒音、粉塵など、大変ご迷惑おかけいたしております。

停車車両につきましては、皆様の通行のご迷惑になる場合には、随時、速やかに移動させていただきますので、どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。

 

作業にあたり、業者様の方でも安全には十分ご注意いただいておりますが、ご参拝の際には、くれぐれも足場にはお近づきになりませんように各自ご注意くださいますようよろしくお願い申し上げます。

 

 

今後の予定として、5月内での社務所屋根改修工事に続いて、5月28日頃より本殿の足場設置工事開始、6月からは本殿屋根の修繕工事を行います。

御本殿の屋根の修繕に際し足場を設置致します。工事期間中は安全確保のため末社の豊栄稲荷大神社(とよさかいなりおおかみしゃ)への立ち入りを禁止致します。

何卒、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。