MENU
当宮の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策方針をご覧ください >

さくらんぼの木

境内の東の隅に植わっているさくらんぼの木です^^

 

 

今年は開花が1ヶ月以上遅く、咲いたと思ったら雨風に散ってしまいました。

残っている花はごく僅かです。

 

 

普通の桜と違い、果実のなる花の雄しべと雌しべはすごく勢いがあり、自然の厳しさにも負けていません。

強そうです^^

 

 

いつも鳥達が近くの楠に巣作りして陣取っておりまして、熟すのを待たずに完食です。

 

取らないから甘くなってからお上がり^^と話しかけてはいるものの、鳥同士の争奪戦はなかなか厳しいようでございます^^

 

 

鳥達が啄んでいくのを、そっと見守っていただけると嬉しいです。

 

新型コロナウイルス感染症予防対策として、現在、すべての御祈祷受付を『完全依託制』のみのご対応に限定しております依託制御祈祷については《御祈祷の依託制度のご案内》をご参照ください。 感染症対策への当宮の方針は《COVID-19対策への当宮の方針》 各行事の中止等の報告は《令和二年〜三年 一般参加行事の運営状況》をご覧ください。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

URLをコピーする
URLをコピーしました!
心の泉

心の泉《宮司のコラム》 当宮や神社や神道などのことをはじめ、生命を育む暮らしと生き方への心のエッセイとして、神道の真髄を精神に探求し続け『神道の奥に息づく真心』をお伝えする宮司のコラムです。

信仰とは、産まれ生かされる美しき感謝の在り方。宗教や思想などの垣根を越えて八百万の神々という【万物】と共に在り続けた『神道』とはなにか。『神社』とはなにか。『祈り』とはなにか。古来から守り培われて来た愛を知ってみませんか?

「生かされ生きる」とはどういうことだろう —— それをほんの少しでも知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。—— 感謝の波は生きるこころの泉を満たします。