toggle
2016-12-30

新年の甘酒について

元日8時以降の、総代会の甘酒についてでございますが、

甘酒の流行により、今年は製造元の欠品で例年と同じ品が納品されず、別の品にてご用意致しております。

 

本年の甘酒には、ほんの少しですが酒粕が入っております。

沸騰させて、アルコール分は十分にとばしており、ほとんど残ってはおりませんが酒粕独特の香りはございます。

苦手なお方や乳幼児、妊娠中・授乳中の皆様は念のためご遠慮いただくか、ご注意の上お召し上がりくださいませ。

 

※元日午前0時〜2時は、地車保存会による振る舞い甘酒で、総代会による元日8時〜の甘酒とは別物です。


関連記事
心の泉(宮司のはなし)

心の泉

《宮司のコラム》

信仰とは産まれ生きる美しき感謝の在り方〜『神道の奥に息づく真心』をお伝えする


今、しようとする御祈願の本来の姿は?神職は何を御祈願してくださるの?
ほんの少し知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。
感謝の波は生きるこころの泉を満たします。
「祈り」とはなにか? 古来から守って来た親心、愛情を知ってみませんか?

「心の泉」を読む ◎「全記事一覧(目次)」を見る