toggle
2016-12-30

御守をお求めの皆様へ

消費税の増税よりしばらくの間、当宮では出来る限り皆様のご負担にならないよう努めてまいりましたが、いよいよ各種御守の原価の高騰が著しくなってまいりました。

そのため、平成29年1月4日から各種御守の初穂料を、500円から一先ず600円に上げさせていただく運びとなりました。

健全な神社運営のために何卒ご理解賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

 

尚、特殊な祈願と思われる学業成就や縁結び等を含むすべての御守であっても、まず第一に「身代わり」の性質を持っています。

紛失や破損をなさった場合、御守が何らかの身の危険から守り、身代わりになってくれた可能性が高いです。

ですので、決して縁起が悪いわけではございません。

その際には、お心で感謝を伝えましょう。

そして御必要に感じられましたら、また授かってください。

御守は、約1年間が御守護の期限とされていますが、大切な思い出の品になっている場合もあろうかと思います。

何かお気にかかる点がありましたら、宮司まで何なりとお尋ねくださいませ。


関連記事
心の泉(宮司のはなし)

心の泉

《宮司のコラム》

信仰とは産まれ生きる美しき感謝の在り方〜『神道の奥に息づく真心』をお伝えする


今、しようとする御祈願の本来の姿は?神職は何を御祈願してくださるの?
ほんの少し知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。
感謝の波は生きるこころの泉を満たします。
「祈り」とはなにか? 古来から守って来た親心、愛情を知ってみませんか?

「心の泉」を読む ◎「全記事一覧(目次)」を見る