toggle
2015-09-23

身体と心

本日は、病気平癒のご祈願が数件ございました。

もちろん本日だけではなく、常々、ご病気のお方とお話ししておりますと、ものすごく人に気をお使いになる、とても繊細なお方が多いように感じます。

いつも自分のせいにしてしまっていたり、自分を責める癖がついていたり、思い当たられることはございませんか^^?

 

実は、自分を責める行為も、他人を責める行為も、「気」は同じなのです。

普段、人を許しておられるように、ご自身を広い心で認め、豊かな愛情で包んで許してあげてください。

また、普段他の人を責めてしまいがちなお方は、他の人に対してそうしてあげてください。

難しければ、「まあ、いいか。」そんな風に、楽観的になられるのも良いでしょう。

 

心から発せられる気は、身体に影響します。

心が健康でのびのびしていれば、身体も元気になります。

 

そして、「いつもありがとう。」

生まれてから死ぬまで、休み無く働く身体に感謝し、労ってあげてくださいね^^

 

皆、命の重さは同じです。

どうか、ご自身を大切に。

 

八幡宮

 

 

 

 


関連記事
心の泉(宮司のはなし)

心の泉

《宮司のコラム》

信仰とは産まれ生きる美しき感謝の在り方〜『神道の奥に息づく真心』をお伝えする


今、しようとする御祈願の本来の姿は?神職は何を御祈願してくださるの?
ほんの少し知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。
感謝の波は生きるこころの泉を満たします。
「祈り」とはなにか? 古来から守って来た親心、愛情を知ってみませんか?

「心の泉」を読む ◎「全記事一覧(目次)」を見る