toggle
2016-09-05

肉体を持ち生かされる喜び(子育ての日々から)

今日は、肉体を持ち生かされる喜びの共有になればと思い、母目線の喜びを通してお話ししたく存じます^^

一人の新米母と談笑するようなお気持ちで、肩の力を抜いてお読みくだされば幸いでございます^^

私達夫婦の間に、娘を授かって早二年を迎えようとしています。
娘を運んで来てくださった神様や先祖、娘本人、夫や夫の家族、それから縁ある万物のお蔭で、こんな未熟な私も母にしていただけて、日々娘を通じ人間の素晴らしさに驚くばかりです。
最近娘にも芽生えはじめた自我。
精神世界では、よく自我を捨てて真我をと言われます。
しかしながら、この自我こそ、娘が生まれた所以であり、人生のあらゆる岐路で、真我によって見極め自我によって選び取るのだと、私は昨日、閃くように知ったのです。
反抗期やイヤイヤ期とも言われる、多くの親御さんが手を焼くこの時期。
娘はまだまだ軽度でありますが、私も例外ではありません。
でも、その大変さを凌駕して大きな大きな喜びがあります。
娘の自我が愛おしくてしょうがなくて、何があろうとも最後の最後まで可能性を信じ、育て、見守りたいと願います。
この母の思い、湧き出でる慈愛は、きっと万物の御祖である神々も同じこと。

私達は、無償の愛を輝かせるとき、神々の御分霊が自らの内にもあることを確かに感じることがあります。

自我は、肉体と共に与えられた、「生」の内にあるものです。
捨てるのではなく、コントロールしバランスを取ることが大切ですね。
それが、自分自身が生かされ生きる所以であると思います。
神様からの贈り物に、不要なものなど1つとしてないのですからね^^
たまに現実世界を離れて、精神世界こそ宇宙意識だ高次元だという思想に出会うことがありますが、
そのような言葉を借りるならば、この現実世界も、紛れも無い宇宙意識の一つです。
肉体を蔑ろにすることが、宇宙意識ではないはずです。
何事も、バランス。そのコントロールが肝心ですね^^
肉体を授かり生かされる間は、今こそ出来ることをしよう。
精神を磨くことにおいて、体験に勝るものなし。
生かされ生きる喜びは「今あるもの」を大切にするところにある。
生きるって、肉体って、本当に素晴らしい!!

そんなことを子育てから教えてもらいました。

感情を持つ人間にとって、子育てがいかに人の精神を豊かに育て、得るものが大きいかを、日々感じております。

最後までお付き合いくださり、誠にありがとう存じます^^


関連記事
心の泉(宮司のはなし)

心の泉

《宮司のコラム》

信仰とは産まれ生きる美しき感謝の在り方〜『神道の奥に息づく真心』をお伝えする


今、しようとする御祈願の本来の姿は?神職は何を御祈願してくださるの?
ほんの少し知るだけで、大きな安心や幸福感、日常の感謝につながります。
感謝の波は生きるこころの泉を満たします。
「祈り」とはなにか? 古来から守って来た親心、愛情を知ってみませんか?

「心の泉」を読む ◎「全記事一覧(目次)」を見る